簿記を知らなくても入力すれば決算までできる

難しそうに思えてしまう会計処理


個人事業主や会社経営者になることを検討した場合、法務や会計についてどうするか考えなければなりません。人を雇用するにせよ専門家に外注するにせよ、かなりの費用がかかってしまうため、最初からそういった方法に踏み切るのはなかなか現実的とは言えないでしょう。
そのような時、商業簿記を始めとする会計の知識があれば良いのですが、全く分からないという人にとっては大きなハードルとなります。例えば節税に効果的といわれる複式簿記での青色申告を希望する場合、より高度な知識が求められます。経理の処理方法や考え方、申告時の書き方などにおいて、定められたルールにのっとらなければなりません。内容に誤りがあるままで申告を行うと、最悪のケースではペナルティを受けることもあるので注意が必要と言われています。

最近の会計ソフトはすごかった!


ところが昨今の会計ソフトは、「知識がない人」でも十分に使いこなせるような設計になっているものが多数を占めています。分かりやすいソフトウェアの操作画面はもちろんのこと、初心者向けの解説動画が充実している、オペレーターによるサポート窓口がある、といった「オプションサービス付き会計ソフト」が豊富にあるのです。
更に「個人事業主向け」や「法人向け」といった、ユーザーに合わせたソフトが基本となっているため、確定申告などの書類作成までを一貫してサポートしてくれるようになっています。日々の経費などをきちんと入力すれば、一年間の決算報告書はもちろんのこと、例えば経営に関するグラフなども併せて作成してくれるため、利用の幅は広くなっています。